スズキ生活協同組合  


 
 
  スズキ生活協同組合個人情報保護方針
 
   当生協は、個人情報保護が今日の高度通信社会において国民の基本的人権を守る不可欠の要素であり、また、コンプライアンス経営の一環として、当生協に課せられた法的及び社会的責務と位置付けています。
 当生協は、組合員・取引先・委託先及び職員等(以下「組合員」という。)の個人情報を、組合員等からお預りしたかけがえのない財産と考え、組合員等の当生協への信頼を礎(いしずえ)に個人情報を以下の考え方に基づき適切に管理及び利用いたします。
   
   
 
1) 個人情報の取扱い範囲、適切な取得と利用目的の明確化
当生協は、当生協の事業活動を遂行する上で必要な範囲内に限定して、適正な方法により個人情報を取得いたします。取得した個人情報は、必要最小限の関係者のみが取り扱います。
また、個人情報の取得に当っては、法令に基づく場合を除き、その利用目的をできる限り特定の上、これを所定の方法にて本人(情報主体。以下、同じ。)にお知らせします。
2) 利用目的の範囲内での利用
当生協は、個人情報を本人にお知らせした利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。その範囲を超えて利用する場合は、法令に基づく場合を除き、あらかじめ本人の同意を得た上で利用いたします。
3) 第三者提供の制限
当生協は、法令に基づく場合を除き、組合員等の個人情報を本人の同意を得ないで第三者に開示・提供いたしません。
4) 正確性及び安全性の確保
当生協は、組合員等の個人情報を、正確かつ最新の状況で保管・管理し、保有する個人情報の安全管理が図られるよう必要かつ適切な措置を講じます。
5) 委託先の選定及び監督等
組合員等の個人情報を業務委託により当生協以外の第三者に委託する場合は、組合員等の個人情報の安全管理が図られるように、個人情報を適切に扱っていると認められる委託先を選定し、当該委託先を適切に監督し、教育いたします。
6) 職員及び委託先への教育及び啓発
当生協は、全職員及び委託先にこの方針を周知徹底させかつ個人情報保護に関する適切な教育及び啓発を行い、個人情報保護の意識高揚に努めます。
7) 本人からの請求に対する対応
当生協は、本人より個人情報の開示、訂正もしくは提供の中止を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき適切な措置を講じます。
8) 個人情報に関する苦情対応窓口の設置
当生協は、個人情報の取扱いに関する苦情・問い合わせ窓口を設置し、苦情・問い合わせの適切かつ迅速な対応に努めます。
9) 法令等の遵守と継続的な見直し・改善
当生協は、この方針を達成するため、個人情報保護法及び関連法規法令並びに監督官庁の定めるガイドライン及び指示その他の規範を遵守し、この方針に基づく規則、基準、マニュアル等の見直し及び改善を継続的に行います。
   
   
個人情報関連一覧へ戻る
 

Copyright(c) スズキ生活協同組合. All Right Reserved